緑内障を食い止めるスーパー医療~見えない悩みを治療で改善!~

目に現れる異常

男性

飛蚊症は老若男女を問わずに誰にでも現れる可能性がある目の疾患です。生理的な原因以外では網膜剥離などを起こしているといった可能性もあるので、まずは診察を受けると良いでしょう。

視力回復の治療

医者

ここ最近で一般的になってきている視力開腹手術がレーシックです。視力回復に即効性がありますが、費用がかかったり、術後にドライアイなどになる可能性が高いというデメリットもあります。

様々な目の疾患

女性

主に年齢を重ねることで様々な目の病気を発症することがあります。老眼と呼ばれる視力低下は仕方がないことのように感じますが、ものが見えなくなるという事は快適な生活が送れなくなるような事態になってしまうこともあります。緑内障は見える範囲がどんどん狭まってきて、最終的には視力を失ってしまうという恐ろしい病気です。日本人に多い目の疾患の中でも特に治療が困難で、完治は難しいものです。病気は早めに改善を目指すことで悪化するリスクを下げることが可能なのですが、緑内障は初期段階で自覚症状がなく、とくに目に違和感があったり急激に視力が落ちるといったことがありません。こまめに眼科を受診することがあれば早期に発見することも可能ではあるのですが、視力が悪くてもコンタクトを購入したり、老眼になっているという思い込みで眼科を受診しない人が多いのです。最悪の場合は失明してしまう緑内障を早期治療するために、少しでも違和感を感じたり不安に思うなら、眼科で検査をしてみると良いでしょう。

緑内障には視神経が大きく関係しているということがわかってきています。眼圧が高い場合は視神経を圧迫して視力低下が始まる場合が多いので、目に傷がついて眼圧が高くなったりすることを防止するため、すぐに眼科を受診すると良いでしょう。また、血管が詰まりやすいと視神経のはたらきが衰えてしまいます。糖尿病が原因で動脈硬化などを起こしやすくなっていると緑内障を発症するリスクも上がるので、もし糖尿病を患っている場合はしっかりとした治療を継続することが大切です。緑内障はうまく付き合っていくことで症状の進行を止めることが可能なので、眼科で医師の治療を受けて症状についての対策などを進めると良いでしょう。

見えるようになる方法

女性

視力が低いと私生活に不便を感じることも多いと言えます。しかしレーシックやオルソケラトロジーなどの視力回復の治療を受けることで、裸眼でも生活が送れるようになります。